とりいラジオ

Amazon kindle出版は、今がチャンス?noteの出現でライバルが減った。

Amazonキンドル本出版するチャンス

こんばんは

とりいです。

今日のとりいラジオは、

Amazonキンドル出版準備中

というお話しです。

今、ツイッター界隈では、NOTEから、新しいプラットフォームの話題が加熱しています。

私は、人と違う事をするスタイルなので、このタイミングで、Amazonキンドルの出版をします。

日々、空いた時間は、執筆活動中です。

商業本を出版する場合、出版社から声がかかって本を書くか、企画して持ち込み、本を出版する、とは違って、Amazonキンドルは、要件を満たせば、誰でも出版できます。

書いている内容は、トレンドアフィリ、トレンドブログについてです。

すでにAmazonキンドルで書いている人はいますが、すべて買って読みましたが、私が思った内容とはほど遠かったので、これはチャンスありかも!?

と思っています。

Amazonキンドルを読みたい人は、Amazonアンリミテッドおすすめです。
月980円ですが、20万冊ぐらい、Amazon内の本が読み放題です。

Amazonアンリミテッドはこちら>

他にも書くジャンルがないかな?

ということで、Amazon内を調べています。

Amazon内で、このキーワードが何回検索されているか?
それを調べるツールを調べたり。

今、検索エンジンは、Googleから、YOUTUBE、ツイッター、インスタなどに移っています。

実は、Amazonも検索エンジンの一種です。
中身を見るには、お金を払う必要がありますが。。。

ちょっと前からWEB広告業界では、Amazon内での広告にかなり注目が集まっています。

ちょっと予算がないとダメですが、売れるんですね。

そして、ライバルは、Google広告などと比べると少ない。

まだまだ存在に気づかれていないか、まだ手が回っていないか。

Amazonは、2010年代すごい成長でした。

その波に今更ですが、乗っかってみようと思います。

最初なので売れないかもしれませんが、全力投球です。

中身は、

リアルタイムのトレンドブログが中心です。

  • トレンドブログの書き方
  • ネタの探し方

など。
あと、特典も用意しています。

8割ぐらいは書けているので、2割追加したり修正したりして、最後は、表紙をデザイナーさんに依頼します。

電子書籍って、表紙にお金を書けていない人が多くて、それだけで素人っぽさが出てしまって、中身がしょぼく感じてしまいがち。

やっぱり、プロのデザイナーさんに作ってもらった方が良いと思います。

それだけで売れ行きが変わります。

中身は、メルマガ読者の方とか、LINEに登録してくれている方とかに、事前に見て頂いて意見をいただくのも良かったのですが、ちょっと今、時間がなかなか取れないので、やり取りが難しいかな、と思ってやめました。

次回作を書く事があれば、ぜひやってみたいです。

Amazonキンドルなんて、遅いよ〜
もう意味ないでしょ、

という人もいるかもしれませんが、

とりあえずやってみる、というスタンスです。

また出版の途中経過もツイッター、メルマガなどで更新します。

今日はここまで

良かったと思ったら、ツイッターなどでシェアお願いします。
ご質問ありましたら、ツイッター、LINEからお願いします。

それでは、また次回!

実際に出版したAmazonキンドル本

「トレンドブログの教科書」は下記から購入出来ます!!

トレンドブログの教科書

Amazonはこちら>

『トレンドブログの教科書』出版